自転車通勤をするなら確認するべき交通ルール4選!

交通ルール

こんちは。

今日は、「自転車の交通ルール」について考えてみたいと思います。
普段何気なく載っている自転車ですが、運転の際にもちゃんとルールがあるんですね。
僕も最近になって知ったことがあるので、それも含めてお伝えして行きます。

 

自転車は左側通行

意外と知らない人が多いのですが、自転車は軽車両です。

車両なので、特別な指定がある場合を除き、原則として、車道の左側を通行しなければなりません。
逆走している自転車をよく見かけます。僕もぶつかりそうになり、よけたことが何度もありました。そっちがよけろ!とゆーか、逆走するなよ!

信号も車道の信号に従います。但し、歩行者及び自転車専用の指定がある場合はそれに従います。

歩道通行可の場合も歩行者優先です。
よく、歩道をわが物顔で走らせている人を見かけますが、めちゃくちゃ危ないです。てゆーか、歩行者にケガでもさせたら賠償問題にもなりかねませんので、十分気をつけてくださいね~。

 

傘さし運転は禁止

自転車の運転中は、傘をさしながらの運転は禁止です。

雨の日によく見かける光景で、傘を差しながら片手で運転している方がいらっしゃいますが、大変危険です。

片手でしかも傘を差しているために不安定だし、地面もすべりやすくなっているし、風に煽られるしでメリットがひとつもありません。

電車通勤の方などは、やむを得ない部分もあるかもしれませんが、大事に至る前にやめましょう。

歩道を歩いている時に、向こうから「傘差し運転の自転車」が走ってきて、しかも黒い傘を差してるもんだからおそらく前が見にくかったのでしょう。危うく引かれるところでした。

スマホやケータイをいじりながらの運転は禁止

最近、特に多いのがこれ。下向いてスマホをいじりながら自転車を運転してる人。

「歩きスマホは危険ですよ~。」とこれだけ言われているのに、まして自転車でそれをやるか!

僕が遭遇したのが、「逆走スマホいじり運転」。下向いてこっちに向かってくるものだから、さすがに思いっきりベル鳴らしましたよ。

スマホをいじるか、ハンドル握るか、どっちかにしましょうよ。

 

イヤホン等を使用して音楽を聴きながらの運転は禁止

まわりの音が聞こえなくなって、危険だからということです。最近知りました。
白状すると、最近まで音楽聴きながらサイクリングしてました。好きな曲聴きながら走っていると最高に気分がいいじゃないですか?まあ、さすがに音量は下げてたので、まわりが聞こえないことはありませんでしたが。もちろん、事故も一切起こしてません!・・と言い訳をしてみる・・(苦笑)

しかし、知ってからはキッパリやめました。やはり事故ってからでは遅いので。

 

さいごに・・

今日は、自転車の交通ルールについて特に、意外と知られていないんじゃないのか?というものと、実際に、僕が危険なめにあった事柄を踏まえてお送りしました。
・自転車は左側通行
・傘差し運転は禁止
・スマホやケータイをいじりながらの運転は禁止
・イヤホン等を使用して音楽を聴きながらの運転は禁止
このほかにもいくつかのルールがあります。→詳しいルールはこちらから

自転車も扱い方を一歩間違えれば大事故につながります。
お互いにルールを守って、自転車ライフを楽しみましょう。

 

さいごまでおつき合いいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました